オフィス供給22%減に、コリアーズ予測

米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンは29日、2020年通年のオフィス新規供給予測を従来の100万平方メートルから22%減の78万4,700平方メートルに下方修正した。ルソン島全域で外出・移動制限が実施されていることが要因となる。 物件の完工までの期…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2124人、累計5万6259人(11:22)

テイクオフ:戸棚を開いて、困った。…(07/13)

国内初のREIT上場承認 証券委がアヤラに、151億ペソ規模(07/13)

ダブルドラゴン、REIT物件選定(07/13)

コロナ感染新たに1387人、累計5万4222人(07/13)

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

民放最大手の免許申請否決、下院委(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン