雇用創出法の審議延期に異論 よい投資環境つくれないと経済界

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領と国会がこのほど、雇用創出に関するオムニバス法案で、労働組合の反対が強い労働規定の審議を延期することで合意したことに経済界から異議を唱える声が上がっている。新型コロナウイルス感染拡大の影響でリセッション(景気後退)のリスクが…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍で自転車ブーム…(07/09)

インセンティブは地方税軽減 首都、7月からレジ袋禁止(上)(07/09)

財務省、国家立法計画にデノミ法案を提案(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

経営不振の国営生保ジワスラヤの閉鎖を検討(07/09)

森林保全を評価、ノルウェーが60億円供与(07/09)

20年の国家公務員採用試験は実施せず(07/09)

迅速抗体検査料金、上限を15万ルピアに設定(07/09)

デジタル課税、徴収事業者6社を公表(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン