成長率マイナス4%未満も、金融庁予測

シンガポール金融管理庁(MAS)は28日に発表した最新のマクロ経済報告で、2020年の国内総生産(GDP)成長率が前年比でマイナス4%を下回る可能性があるとの見方を明らかにした。新型コロナウイルスの影響による景気の下押し圧力が高まるとみているためだ。失業率が悪化する…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

総選挙、与党勝利も野党が議席上積み(15:04)

通信IPS、現法に2億円増資(07/10)

長瀬産業、東南アジア初の食品素材ラボ開設(07/10)

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(07/10)

車両購入権の入札再開、予想より上昇小幅(07/10)

ロールスロイス、人員24%削減へ(15:57)

空港業務SATS、コロナで4Q赤字に(15:57)

新規感染170人、計4万5783人(11日)(11:23)

新規感染191人、計4万5613人(10日)(07/11)

新規感染125人、計4万5422人(9日)(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン