• 印刷する

新車販売V時回復に政府優遇を、業界が要請

マレーシアの自動車業界が、政府に販売促進のための優遇策を求めているようだ。新型コロナウイルス抑制のために政府が3月から実施する活動制限令で新車販売ができないため、同令解除後に市場を「V時回復」させるには、物品税免税といった政策的な支援が必要とみているためだ。27日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

同紙によると、自動車ディーラー協会、5団体が、連名で財務省に書簡を提出し、▽自動車生産への補助金▽自動車ローンの(ディーラー)手数料引き上げ▽物品税免除▽公的年金に当たる従業員積立基金(EPF)拠出率の低減▽人材開発基金(HRDF)の拠出免除――などを要請した。

5団体は、ダイハツ工業が出資する国民車メーカー、プロドゥア、同プロトン、ホンダ、トヨタ自動車の各ディーラーの協会と、マレーシア自動車・クレジット企業協会連盟(FMCCAM)で、国内自動車産業の救済策を提言した。

マレーシア自動車協会(MAA)のアイシャ・アーマド会長は、「自動車各社は自動車ローンの規制緩和と、向こう1年以上にわたる各種減税を政府に求めている」と明らかにした。

プロトン販売店のプロトン・エダル・ディーラー協会(PEDA)のリュウ・ビーリー会長は、2010年競争法で値引き合戦が難しい中、各社が販促活動で需要を掘り起こすのには限界があると指摘。政府が活動制限令解除後に、新車販売で各種優遇を付与すれば、2018年6~8月のGST(消費税、6%)の実質撤廃によるタックスホリデー(免税措置期間)による新車販売拡大を再現することができるとの見解を示した。

18年6~8月の新車販売台数は、タックスホリデーの効果で前年同期比32%増の19万8,518台に伸びた。ディーラー各社は、活動制限令中に店舗営業ができないことで、最大30万リンギ(約740万円)の損失を計上しているという。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務が続いても体が…(07/08)

中銀が4会合連続利下げ 政策金利、過去最低の1.75%(07/08)

エアアジアの1Q決算、赤字は前期比2.1倍(07/08)

RM1=25.2円、$1=4.28RM(7日)(07/08)

首都圏で計画断水、14日から最長4日間(07/08)

シンガポールとの往来再開、8月頭にも合意(07/08)

コロナ禍で今年の消費支出0.2%減、フィッチ(07/08)

今年の社債発行額は最大4割減も、地場格付(07/08)

ホンリョン銀、デジタル拡充に1.3億リンギ(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン