• 印刷する

豪企業20%が臨時休業、売上高も大幅減

オーストラリアで、新型コロナウイルス感染症を背景とした社会的距離規制により、約20%の企業が臨時休業に追い込まれていることが最新の調査で明らかになった。また3分の1以上が、80%以上の売上高減少に見舞われているという。オーストラリアンが伝えた。

オーストラリア商工会議所(ACCI)は、1,497社の企業に対し、3月30日~4月17日に調査を実施した。

売上高については、約50%の企業が通常時の半分しか見込めないと回答。小企業のうち75%が、売上高が25%減少したとしている。このうち多くの企業が連邦政府の給与補助政策「ジョブキーパー」の申請資格があるとみられている。

一方、変化に適応するため、25%が事業形態を迅速に変更したとし、31%がオンライン販売を拡大したとしている。また、23%が新型コロナを好機ととらえ、サービスや生産ラインを拡張した。ただ、業績が拡大したとした企業は2%にとどまった。

■経済打撃は4千億$に

財界団体のオーストラリア・ビジネス・カウンシル(BCA)のモデリングによると、社会的距離規制や国境封鎖、営業停止措置による経済打撃は、これまでの1カ月で2,000億豪ドル(約13兆7,788億円)に上っているようだ。封鎖措置が6カ月間続いた場合は、4,000億豪ドルに達する可能性もあるという。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:帰宅後、携帯電話がない…(07/10)

豪日首脳が会談、防衛連携強化 中国を警戒、宇宙関連での協力も(07/10)

日立傘下の送電網企、脱炭素経済の実現へ(07/10)

東急建設、豪に子会社持つ海外BIM企買収(07/10)

JAL、10月1日まで豪州路線の運休延長(07/10)

QLD、負債向け基金でヴァージン株取得か(07/10)

空飛ぶ自動車、NSW州内陸部で試験へ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン