• 印刷する

新型コロナで虚偽申告の英国人、強制送還措置

シンガポール移民局(ICA)は26日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた規定に違反し、渡航歴で虚偽申告をしたとして、英国人男性(60)を強制送還したと発表した。再入国も禁止する。男性の配偶者はシンガポールの永住権(PR)保持者だが、正しい情報を提供しなかったとして厳しい処分を下した。

シンガポール警察は3月26日、男性が渡航歴で虚偽の供述をしたとして家庭裁判所から通報を受けた。調べによると男性は同月25日、書類を受け取るため家庭裁判所を訪れた際、「過去14日間で感染が広がっている国・地域に渡航したことがあるか」との質問に対し、「ない」と回答した。

しかし実際には、3月13日に香港からシンガポールに入国していた。警察と検察庁は調査結果に基づき、4月25日に男性に厳しい警告を与えた上で、26日に香港に強制送還した。

警察は市民に対し、渡航歴や健康情報について正しい情報を提供するよう呼び掛けるとともに、違反者には厳しい罰則を科す方針をあらためて示した。


関連国・地域: 香港シンガポール欧州
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染125人、計4万5423人(9日)(07/09)

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(07/09)

車両購入権の入札再開、予想より上昇小幅(07/09)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

東急建設、豪に子会社持つ海外BIM企買収(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン