AIの科大訊飛、1~3月期は1億元の赤字

人工知能(AI)による音声認識の研究などを行う科大訊飛(安徽省合肥市)が22日発表した2020年第1四半期(1~3月)の決算は、純損益が1億1,400万元(約17億3,300万円)の赤字(前年同期は1億200万元の黒字)だった。売上高は前年同期比28.1%減の14億900万元。新型コロナウ…

関連国・地域: 中国-安徽
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所に肉と野菜を中心に…(10/22)

外国人観光客の受け入れ再開 7カ月ぶり、上海から約40人到着(10/22)

中国人、ビザ悪用で不正入国 入管職員便宜、収賄400億ペソか(10/22)

自動車など来年も雇用抑制 大卒者採用、半導体は増加(10/22)

20年までの環境改善目標、すべて達成へ(10/22)

1~9月の財政収入、6.4%減の14.1兆元(10/22)

シャン州の5カ所、重点観光地域に指定(10/22)

全国の自動車保有台数、9月末で2.75億台(10/22)

9月のスマホ販売40万台、前月比13%減(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン