• 印刷する

アヤラ系エネ企業、天然ガス田開発が前進

フィリピンの財閥アヤラ・コーポレーション系のエネルギー会社ACEエネクサー(旧フィンマ・ペトロリアム・アンド・ジオサーマル=PPGI)は14日、パラワン島西方沖で開発を進める天然ガス田について、エネルギー省からガス層評価(アプレイザル)期間に入ることが認められたと発表した。今後は作業プログラムと予算に関する案を同省に提出する予定だ。

評価期間に入ることが認められたのは、シンコ天然ガス田(サービス・コントラクト=SC55鉱区)で、ACEエネクサーは傘下のパラワン55エクスプロレーション・アンド・プロダクションを通じ、プライス・ガシーズ(PGI)と組んで開発を進めている。

エネルギー省に提出する案では、同期間の最初の2年に1本以上の試掘井を掘削することなどを提案する方針だ。

2015年に掘削したホークアイ第1試掘井では、商用生産が可能な埋蔵量は確認されなかった。その後、周辺を含めた広い海域で3次元地震探査を実施した結果、原油や天然ガスの埋蔵が期待できる炭酸塩岩の存在が確認されていた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

マルコス政権に高い評価 経済政策「安定」、発足100日(10/07)

新政権の物価対策に期待、批判意見も(10/07)

マルコス氏の外交は「成功」、大学教授(10/07)

南北通勤鉄道、新たに建設4件発注(10/07)

8月失業率5.3%、コロナ後で最低水準(10/07)

トヨタ現法、中古車の新事業開始(10/07)

サンミゲル、イリハン発電所を2月再稼働(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン