• 印刷する

職場閉鎖の対象企業拡大、感染対策強化で

シンガポール政府は14日夜、新型コロナウイルスの感染対策として、来月5日まで実施している職場の閉鎖措置の対象企業を拡大すると発表した。重要産業としてオフィス勤務や店舗営業を認めている企業に対し、個別に閉鎖命令を出していく方針だ。

ローレンス・ウォン国家開発相は同日の記者会見で、重要産業に分類され、オフィス勤務や店舗営業を続けている企業について、「個別の状況を精査し、さらなる職場の閉鎖を実施する」と説明。特定の産業に限らず、幅広く個別企業の選定を進めていると明らかにした。

同相によると、重要産業を除く職場と学校を原則として閉鎖する「サーキットブレーカー」措置を導入した7日以降、公共交通機関の利用者数は従来から7割以上減少。労働者の8割以上が在宅勤務を行っている。操業する企業を減らすことで人の往来をさらに抑制し、感染拡大を抑え込みたい考えだ。

サーキットブレーカー措置では、医療、食品、公益などの重要産業を除く全ての企業に、在宅勤務などのテレワーク(遠隔勤務)での操業を義務付けている。それが困難である場合は臨時休業することを求めている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染125人、計4万5423人(9日)(07/09)

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(07/09)

車両購入権の入札再開、予想より上昇小幅(07/09)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

東急建設、豪に子会社持つ海外BIM企買収(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン