• 印刷する

テイクオフ:今月9日の夜、細い路地…

今月9日の夜、細い路地沿いのとある店の前で歩みを止めた。ここは日本人向けの店が多く集まる台北市の林森北路。目の前は何度か来たことがある飲み屋だ。どうやら店は閉まっているらしく、ひっそりとしている。

台湾当局がこの日、新型コロナウイルスの感染防止策の一環として、クラブやダンスホールの営業停止措置を取ったことを受け、久しぶりにこの地を訪れた。バーと書かれた店は通常通り開いていたが、道すがら中をのぞいても客の姿はどの店にも見えない。人の往来はあるものの、寂しい雰囲気があると感じるのは気のせいか。

またそのうちに来るよ。そう言ってから数カ月がたち、コロナウイルスの問題でさらに足が遠のいた。感じの良い店だったので、つぶれないでほしい。勝手にそう思いつつ、いまこの扉が実際に開くかを確認する勇気もなく、足早にその場を立ち去った。(崇)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

TSMC、世界最大規模の電力受給契約(07/10)

パネル大手2社、6月売上高に明暗(07/10)

日月光の6月売上高、5カ月連続プラス(07/10)

PC2社の6月売上高が好調、在宅需要で(07/10)

中華電信、アマゾンとAIベンチャー支援(07/10)

聚鼎、ヘンケルの米金属基板事業を買収(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン