• 印刷する

KDDIとLGU+、AIドローンを発売

KDDIと韓国通信大手のLGユープラス(LGU+)は13日、人工知能(AI)機能を持つ台湾製ドローン(小型無人機)を今夏にも日本と韓国で発売すると発表した。

このAIドローンはモバイル通信に対応しており、操縦者が肉眼で確認できない目視外飛行や遠隔監視制御が可能。インフラなどの監視業務や点検作業などにも活用できるという。

例えば、鉄道や道路など広範囲にわたるインフラでも、災害時にドローンを巡回させることで迅速な被害状況の確認や復旧の判断に使えるとみられる。ドローンを使って適所に効率的に農薬を散布するなど、農業分野での活用も期待できる。

ドローンは、台湾のバックライトモジュール大手、中強光電(コアトロニック)の傘下会社で、AI・高速処理コンピューティング技術の開発などを手掛ける中光電智能機器人が開発した。

3社は今後もドローン事業の普及に向けて協力関係を強化していく考えだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国は今月後半から本格…(07/09)

入国感染者が3カ月ぶり最多 欧米から変種コロナ、拡散懸念も(07/09)

新型コロナ感染者、63人増の1万3244人(07/09)

韓国政府、新興企業の支援センター開所(07/09)

日本の対韓輸出18%減 11年ぶり低水準(07/09)

ソウル大学病院、物品搬送にLG製ロボット(07/09)

サムスン電子、半導体新素材を発見(07/09)

大容量海底ケーブルSJC2、21年完成へ(07/09)

LGとGS、EVバッテリーでサービス開発(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン