• 印刷する

テイクオフ:中国で新型コロナウイル…

中国で新型コロナウイルス感染症への警戒がピークに達したのは2カ月も前のことだ。広州のスーパーでレジ係が全身を防護服で固めたのが2月初旬。びっくりして思わず日本の友人に報告したところ、「そっちはたいへんだね」と人ごとのコメントが返ってきた。

今や立場は完全に逆転し、日本を含む海外が「たいへん」なことになっている。とはいえ、さまざまな規制や自粛を体験してきた身としては、人ごとでは済ませられない。レジ係に防護服が必要かどうか、科学的なことは分からないが、日本もそれくらいの心構えは持つべきだということを改めて友人たちに伝えたい。

広州ではここ数日、新たな感染者が連日報告されている。隔離対象者の検査で発覚した例だけでなく、外来で見つかったケースもあるという。こちらもまだ完全に終息したわけではない。油断は禁物だ。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

分散型台帳の新決済技術、商業化にめど(19:42)

新型コロナ感染者8人増、全て海外から(16:21)

テイクオフ:ここ数年、車載電池大手…(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

6月の新車販売11.6%増 過去最高、回復の勢い鮮明(07/13)

TSMCの6月売上高、過去最高を更新(07/13)

エクアドルの輸入エビ、コロナ検査で陽性(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン