サムスン、米社とコロナ薬の受託生産契約

韓国サムスングループの医薬品メーカー、サムスンバイオロジクスは10日、米ビア・バイオテクノロジーと新型コロナウイルス治療薬の候補物質の受託生産契約を結んだと発表した。契約額は4,400億ウォン(約393億8,400万円)。今年中に技術移転を受け、2021年から量産を開始する計画だ…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 医療・医薬品化学


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染、2日連続の700人超(11:41)

ソウルの学校でPCR検査、5月から実施へ(18:34)

錦湖三井化学、ポリウレタン原料増産へ(18:35)

テイクオフ:韓国で最も人気のあるラ…(04/22)

車載半導体不足の影響顕著に 年12万台減産、政府が特別法準備(04/22)

コロナ新規感染、7日ぶりに700人超(04/22)

ワクチン2回目接種、11月まで3600万人目標(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン