仏コファスが与信限度額縮小、鉄鋼業に影響

貿易保険・取引信用保険を手掛けるフランスのコファスが、台湾鉄鋼最大手の中国鋼鉄(CSC、中鋼)の顧客企業に対する与信限度額を引き下げたとの観測が出ている。新型コロナウイルス感染症のまん延による信用取引リスクの高まりが背景にあるとみられ、30社余りが影響を受けそう…

関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: 鉄鋼・金属金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外食チェーンが出店攻勢、コロナ収束で(18:54)

テイクオフ:自宅そばのコンビニ前で…(07/13)

上場企業の売上高が過去最高 6月実績、上期は小幅マイナスに(07/13)

TSMCの6月売上高、過去最高を更新(07/13)

聯発科技の6月売上高、約4年ぶり高水準(07/13)

ラーガン、3Qは「大半の顧客が発注減」(07/13)

鴻海、インド南部にアイフォーン工場か(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン