正念場の越経済、1%割れも 2Q以降の東南アジア5総崩れ

ベトナム経済が、新型コロナウイルスの打撃を抑えられるかどうか、正念場を迎えている。日本総合研究所で東南アジア経済を担当する塚田雄太・副主任研究員は、同国の今年の実質国内総生産(GDP)成長率が1%を割るとの予測を示す。昨年通年の実績は7.0%。第2四半期(4~6月…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアインドネシアフィリピンアジアASEAN
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

電動バイクのペガ、キューバ向け輸出を開始(07/09)

自動車登録料の半減策、販売増に効果(07/09)

南部の工業不動産、4~6月に賃料上昇(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

IFC、フーミーフンに80億円のコロナ融資(07/09)

越IT企業が日本法人設立=ジェトロ支援(07/09)

大容量海底ケーブルSJC2、21年完成へ(07/09)

東急建設、BIM強化へ海外企業買収(07/09)

ハノイに韓国IT学校開設、人材難解消へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン