銀行とフィンテック企業の支援、当局が強化

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)は、1億2,500万Sドル(約96億円)を投じて銀行、フィンテック(ITを活用した金融サービス)企業の雇用やデジタル化の推進を支援する。新型コロナウイルス関連の経済政策の一環となる。 雇用の支援には、9,000万Sドルを助成…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地では約2カ月に及ぶ…(05/28)

「コリビング」住宅の需要堅調 コロナ後も在宅勤務で市場拡大へ(05/28)

サービス業売上高1%下落、コロナで娯楽悪化(05/28)

通年の輸出額、最大4%減少=企業庁予測(05/28)

積立基金の負担率引き上げ、1年延期へ(05/28)

双日、医療スタートアップのテツユウに出資(05/28)

国分、卸売事業会社TCGCに7割出資(05/28)

リバネス、言語解析AIベンチャーに出資(05/28)

韓国ITセキュリティー大手、医療市場参入(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン