銀行とフィンテック企業の支援、当局が強化

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)は、1億2,500万Sドル(約96億円)を投じて銀行、フィンテック(ITを活用した金融サービス)企業の雇用やデジタル化の推進を支援する。新型コロナウイルス関連の経済政策の一環となる。 雇用の支援には、9,000万Sドルを助成…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/29)

【識者の見方】日系企業も資金調達へ STO市場の幕開け(下)(09/29)

金融センター指数、シンガポールは世界6位(09/29)

ペイナウ取引額、最大20万ドルに引き上げ(09/29)

1~6月の労災事故が25%減、コロナ禍で(09/29)

技能教育研修所の学生、AIが必須科目に(09/29)

極狭の民間住宅、コロナ禍で需要減少(09/29)

陸上庁、カナダ社にMRT車両追加発注(09/29)

新規感染15人、計5万7715人(28日)(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン