• 印刷する

マリンドエア、従業員7割に無給休暇指示

マレーシアの格安航空会社(LCC)、マリンドエアは4月の全便欠航を決めるとともに、従業員の7割に無給休暇の取得を指示した。同社の従業員は4,900人で、約3,400人が影響を受けることになる。8日付スターなどが伝えた。

ムシャフィズ・ムスタファ・バクリ最高経営責任者(CEO)は「4月の全便を欠航する。5月初めも状況は変わらないとみている」と述べており、無給休暇は5月までずれ込みそうだ。

部門責任者が指名する一部従業員は特定の勤務日に出勤するが、賃金は日給ベースで支給される。それ以外は無給休暇の対象となる。

■エアアジア、手元資金は5カ月分

調査会社CGS―CIMBリサーチは、LCC大手のエアアジア・グループについて、3月の賃金カット実施にもかかわらず、手元資金では固定費用を5カ月分しか賄えないとする分析を明らかにした。

アナリストのレイモンド・ヤップ氏は「エアアジアは今年だけで10億リンギ(約250億円)の資金注入を必要としているほか、サプライヤーへの支払い繰り延べも必要となる」と指摘した。

エアアジアは現在、月収4,000リンギ以上の従業員を対象に最低15%の賃金カットを求めている。ヤップ氏は「(賃金カットを考慮しても)エアアジアは毎月5億2,700万リンギの経費がかかっていると試算される」と述べた。

エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は先に、マレーシア政府との間で融資の交渉をしていると明らかにしていた。


関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: 医療・医薬品運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クレジットカードがなく…(05/28)

コロナ禍で即席麺の販売好調 巣ごもり消費、今後も伸びしろ(05/28)

日本から駐在員など400人足止め、制限令で(05/28)

RM1=24.7円、$1=4.35RM(27日)(05/28)

サイムダービー、中華圏で自動車事業拡大へ(05/28)

消費支出の伸び鈍化、低所得層の収入減で(05/28)

外国人の感染防止徹底、不法就労は強制送還(05/28)

マラヤンセメント、改修でラワン工場閉鎖(05/28)

通販拡大で包装業界に恩恵、梱包材の使用増(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン