• 印刷する

データセキュリティー、23年まで年21%成長

IT市場調査会社の米インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)はこのほど発表したリポートで、台湾のデータセキュリティー市場が2019年から23年までの5年間で年平均21%成長するとの見方を示した。鉅亨網などが伝えた。

各年の成長率は◇19年:14%◇20年:19%◇21年:21%◇22年:22%◇23年:23%――。IDCは、台湾のデータセキュリティー市場が21年に6億米ドル(約650億円)の規模になるとみている。

IDC台湾地区の林雅恵シニアアナリストによると、データセキュリティーに関する管理規定を定めた「資通安全管理法」が19年1月に施行されたことや、デジタルサービスが普及に向かっていることを受けて、政府系機関や企業からデータセキュリティー専門事業者への業務委託が増加傾向にある。

このうち中小企業は特にデータセキュリティーの委託需要が高く、一元管理サービスを提供する「マネージド・セキュリティー・サービスプロバイダー(MSSP)」の事業者に委託する傾向があるという。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ対策に次の一手 抑え込み成功も警戒緩めず(06/05)

コロナ治療用代替薬、研究・生産活発化(06/05)

台塑生医、コロナ検査キットを開発(06/05)

工研院、コロナの検査ボックス開発(06/05)

中華電信が5G免許取得、業界一番乗り(06/05)

スーパーマイクロ、台湾での投資継続(06/05)

政府、半導体やAIのR&Dに補助金支給へ(06/05)

1Qの半導体設備出荷額、台湾が世界1位(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン