• 印刷する

テイクオフ:タイ北部で起きている乾…

タイ北部で起きている乾期の森林火災は10年以上前から問題視され、今年の大気汚染は過去最悪と言われている。この問題が解決しないどころか悪化する理由は、多くの人が指摘するようにタイの官僚主義的な対応が大きいと考えられる。

いまなお続く森林火災では、消火活動を行う人を支援するために、ボランティアがドローンで上空から火災が起きている場所を撮影した。しかしこの画像がSNSで拡散すると、政府高官は不快感を示してドローンの撮影を禁止した。

これはタイのばかげた官僚主義の一例に過ぎない。北部チェンライ郊外の洞窟に閉じ込められた少年らの救出劇を題材にした映画「ザ・ケイブ」でも、官僚主義的な対応がいかに非効率であるかが描かれている。次世代の官僚には保守的で変化を嫌う体質を変えてほしい。さもなければ森林火災など国家的課題は解決できないだろう。(ワ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染者3248人、刑務所で確認増(12日)(06/12)

サミティヴェ病院、ワクチン接種の受付開始(06/11)

市中感染2260人、死者は27人(11日)(06/11)

上場企業、1Qは3.3倍の増益 原油価格上昇がエネ・公益に追風(06/11)

タイ貿易好調、4月は輸出入とも2桁増(06/11)

SET上場企業の21年1~3月期決算(表)(06/11)

市中感染2272人、死者は43人(10日)(06/11)

長城汽車の工場稼働、PHVの生産開始(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン