• 印刷する

クラーク空港、新ターミナルが96%完成

フィリピン建設大手のメガワイド・コンストラクションは6日、クラーク国際空港(パンパンガ州)の新ターミナル建設工事が96%完成したことを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大と、それに伴うルソン島の外出・移動制限の影響は軽微と説明した。7日付マニラスタンダードなどが伝えた。

同社によると、工事は順調で、ルソン島が事実上封鎖される前までは予定を上回るペースで進んでいた。上屋はほぼ完成し、機械の搬入や電気・配管工事、消火設備の据え付けなどが最終段階に入っている。6日時点では、ルソン島の封鎖が当初の予定通り14日に解除されれば、7月末までに基地転換庁(BCDA)に引き渡せるとしていた。

メガワイドはインド系GMRグループとコンソーシアムを結成し、同ターミナルの建設工事を2017年12月に93億6,000万ペソ(約200億円)で受注した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ首都圏、10月も外出制限緩和を継続(11:07)

テイクオフ:フェイクニュースがまん…(09/29)

有名観光地、受け入れ再開 国内限定で10月から、条件に課題(09/29)

政府、外出制限の判断基準変更(09/29)

コロナ感染新たに3073人、計30万7288人(09/29)

南北通勤鉄道の第2期工事、発注が完了(09/29)

エドサ運行のバス、運賃支払い電子決済に(09/29)

首都圏と近隣州間のバス再開、30日から(09/29)

教育STI、生徒減で私立校の一部閉鎖(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン