• 印刷する

ヤンゴンとバゴー管区、4工場でマスク生産

ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区政府と中部のバゴー管区政府は、管内の計4工場でマスクを生産する計画だ。新型コロナウイルスの感染拡大による需要増に備える目的。国内には現在、マスク生産に特化した工場はない。ミャンマー・タイムズ(電子版)が6日に伝えた。

ヤンゴン管区政府は、西部ラインタヤ郡区シュエリンパン工業団地に入居する日本と韓国の企業2社と協議を進めている。同工業団地のエー・タウン管理委員長によると、両社は工場の既存設備を使用してマスクを生産することが可能で、現在は原材料の調達手段について検討している段階という。

一方、バゴー管区政府は先週、医療資材を手掛ける香港のコーブス・インダストリーズの子会社コーブス・インダストリーズ(ミャンマー)、韓国のKMヘルスケアと契約を締結した。

同管区の工業監督委員会(Industrial Supervisory Committee)のソー・テ(Soe Htet)事務次官によると、コーブスとKMが管内で運営する2工場で、4月10日から始まる予定のミャンマー正月(ティンジャン、水掛け祭り)の連休後にマスクの生産を開始できる見通しという。

ミャンマーでは3月23日深夜、国内初の新型コロナ感染者2人の確認が発表されたことを受け、マスクの購入者が急増。以前は1枚当たり100~150チャット(約8~11円)だった価格が、現在は800~1,000チャットに高騰している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品その他製造社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

帰国者の感染確認続く、累計233人=3日朝(15:13)

ジャパン・エキスポ、今年はバーチャル開催(20:11)

逆境下で海外流通大手が奮闘 タイ大手は最大都市に大型店(06/03)

ビザ発行停止など、今月15日まで延長(06/03)

円借款50億円を供与、中小企業を支援(06/03)

首都ネピドーでも解除、店内飲食禁止の措置(06/03)

新型コロナ対策、19年度は追加予算なし(06/03)

新たな感染確認なし、累計228人=2日朝(06/03)

一部の縫製工場、マスク生産への転換を検討(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン