【中進国の罠】越の輸出、付加価値に課題 地場企業や上流工程の強化が鍵に

【第2回】中国の製造業が高度化していくなか、ベトナムは労働集約的な産業を中心に生産移管の担い手として工業化を進めてきた。輸出額は東南アジアでトップクラスとなった一方、付加価値ベースではタイに比べて見劣りする。成長を支えてきた「外資頼み」を脱却し、サプライチェー…

関連国・地域: タイベトナムインドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ禍、再エネ開発に試練 消費減と油価下落で構造改革論も(06/03)

Thaco、米国にセミトレーラー36台出荷(06/03)

仁宝の桃園工場、ベトナム人労働者がスト(06/03)

低環境負荷の自動車に税優遇、政令57号(06/03)

ベトナム航空、今月6本の国内新路線に就航(06/03)

ハノイメトロ、中国社が開業前の支払い要求(06/03)

ロンタイン空港、FS審査は3カ月遅れ(06/03)

不動産開発ランキング、首位はビンホームズ(06/03)

韓国、越産合板に反ダンピング関税を決定(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン