• 印刷する

テイクオフ:「サーキットブレーカー…

「サーキットブレーカー」と呼ばれる新型コロナウイルス感染症の新たな対策がシンガポールで1カ月にわたり導入されるのに伴い、周辺が慌ただしくなってきた。職場や学校の大半が閉鎖されるため、先週末から在宅勤務や在宅学習の体制を整えるのに追われる人や、食料や日用品の買い出しに行く人が増えた。

自身は2週間ほど前から在宅勤務に切り替えていたが、週1回はオフィスで雑務をこなしていた。それもできなくなるので会社の液晶モニターや電卓、名刺、その他仕事に必要な資料を週明けに自宅に持ち帰った。食料品などの買い出しに行くことはできなかったが、政府が支給する布マスクを近所のコミュニティーセンターに出向いて調達してきた。

きょうからサーキットブレーカーが始まる。前代未聞の事態だが、新型ウイルスに対抗するすべがない今、仕方ない。皆が冷静に対処していくのが最善策だ。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

活動制限解除の第2期、6月末より前倒しも(05/29)

外国人単純労働者の削減、経済団体が反対(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(05/29)

通信シングテル、通期決算は65%減益(05/29)

NTTコムに不正アクセス 621社の情報流出疑い(05/29)

国立大、環境債で3億Sドル調達(05/29)

早期の総選挙実施、副首相が支持(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン