• 印刷する

テイクオフ:ニューヨークやパリから…

ニューヨークやパリから人影が消えた。新型コロナウイルスの感染対策でロックダウン(都市封鎖)されたためだ。当地ではロックダウンには至っていないが、「サーキットブレーカー」と呼ばれる強化措置が7日から導入された。生活に不可欠な産業以外は職場を1カ月間閉鎖し、飲食店も持ち帰りや配達だけで店内での飲食はできなくなった。

政府はこれまでにも外出自粛や在宅勤務を奨励していたが、街頭ではそれなりに人の往来があった。それが強化措置の発動後はどうなるのか。少なくとも従来と比べて街中の人の流れは大幅に減るだろう。

例年この時期は人事異動の季節だ。いつもお世話になっている方が先ごろ日本に本帰国された。本来なら会ってごあいさつしたかったがそれもかなわなかった。いろいろな意味で寂しさを感じる今年の4月。1カ月後には人の交流が再開できるようになればよいが。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染261人、計3万7183人(5日)(06/05)

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(06/05)

SGX上場企業、1~3月期の純利益4割減(06/05)

豪とNZ、7月に空路再開か 当初は首都間限定、難局も(06/05)

5月PMIはやや改善、不況水準は脱せず(06/05)

偽装解雇には助成金剥奪などの処分=人材相(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

当局が職場3カ所を閉鎖、コロナ対策違反で(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン