PCB企業の受注急増、2Qに業況好転か

台湾のプリント基板(PCB)業界では、第2四半期(4~6月)にも業況が好転するとの観測が出ている。EMS(電子機器の受託製造)企業の中国工場の生産再開を背景に、一部PCBメーカーは短納期の受注が急増しているという。鉅亨網などが伝えた。 中国通信機器大手、華為技…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

台湾EMS3社、インドに9億米ドル投資か(13:17)

テイクオフ:あのね、わたし彼氏がで…(09/29)

商用不動産市場が活況 3Qに急伸、通年も高水準へ(09/29)

IC設計の受注見通し、21年春節まで良好(09/29)

サムスンがミニLED強化、聚積に出資か(09/29)

巧新科技、3年内に年間売上高100億元へ(09/29)

儒鴻、インドネシア工場の建設に追加投資(09/29)

マスク原材料の敏成、米国に工場建設へ(09/29)

桃園の各商業施設、週年慶で増収目指す(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン