受刑者3万人を釈放へ、コロナ懸念

【ジャカルタ共同】インドネシア法務・人権省は2日、新型コロナウイルスの刑務所内での感染拡大を懸念し、受刑者約1万8,000人を釈放したと明らかにした。今後1週間で計約3万人を釈放する方針。地元メディアが伝えた。 法務・人権省によると、対象は麻薬関連の罪などで服役して…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:たばこの箱に表示される…(06/15)

三菱地所がオフィスビル完工 国内第1号案件、8月に本格運用(06/15)

三菱地所インドネシア、加藤社長に聞く(06/15)

5月の自動車生産台数、前月比32%減少(06/15)

韓国、首都MRT第4期工事への参入に意欲(06/15)

首都港ターミナル、手数料の違法徴収撲滅へ(06/15)

新型コロナ行動制限、28日まで延長(06/15)

8月末までに首都の750万人にワクチン接種(06/15)

バタム島に2つの経済特区、政令で指定(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン