• 印刷する

テイクオフ:こんな時だから飲みに行…

こんな時だから飲みに行こう。日本人の友人にそう言われて少したじろいだ。周囲のインドネシア人は割と素直に外出自粛勧告に従っているので、意識の落差に驚いた。

気持ちは分かる。ジャカルタの小売店や外食店には休業せざるを得ない店も多い。特に経営者は、いつ収束するか分からないこの状況が不安で仕方ないはずだ。客席の間引き、マスクやゴム手袋などの飛沫(ひまつ)防止対策、換気の徹底など、できる限りの感染防止策を施して営業を続ける店を微力ながら応援したくなる。そもそも自宅に引きこもっているのがつらいというのもある。

数週間前から自宅勤務している友人らはネットで視聴できるお薦めの映画を教えあったり、普段はしない料理の腕が上達したりと、それぞれがインドアライフを楽しんでいるようだ。彼らに倣って、この状況下での楽しみ方を見つけたい。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都の社会制限は段階的緩和 6月は移行期間、出勤は8日から(06/05)

バンテン州、州内2県1市の出入りを許可制に(06/05)

労働者に住宅購入基金への加入を義務付け(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

コロナ復興予算、677兆ルピア規模(06/05)

中銀、銀行の準備預金に1.5%の利子適用(06/05)

SBI、初の当地特化合弁ファンドを設立(06/05)

電気料金を9月末まで据え置き、エネ省(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン