• 印刷する

19年の駐在員家賃1%増、5年ぶり前年超え

英国の人材調査会社ECAインターナショナルが1日発表した世界の駐在員の住宅コストに関する調査で、シンガポールの2019年の平均月額賃料は前年を1%上回り、5年ぶりに上昇したことが明らかになった。フィンテック(ITを活用した金融サービス)業界などを中心に赴任者が増えていることが背景にある。

ECAは昨年9月、世界約360都市を対象に駐在員の家賃調査を実施した。駐在員が多く住む場所にあり、家具なしで3部屋タイプの物件を対象とした。

シンガポールの平均月額賃料は4,233米ドル(約46万円)。前年は4,215米ドルだった。アジア地域全体では9位。東南アジアでは首位だった。

ECAのリー・クエイン地域ダイレクター(アジア担当)は、「過去12カ月でフィンテックや製薬業界を中心にシンガポールへ赴任する人が増えた。香港よりも政情が安定していることを理由に異動してくる駐在員もみられる」と指摘した。

ただ、シンガポール政府による外国人労働者の流入規制強化や、住宅需要が拡大しても家賃の上昇率が2%未満にとどまっていることを考慮すると、今後のさらなる賃料上昇は考えにくいという。

アジア地域で平均月額賃料が最も高かったのは香港で、1万1,318米ドルだった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(06/05)

SGX上場企業、1~3月期の純利益4割減(06/05)

豪とNZ、7月に空路再開か 当初は首都間限定、難局も(06/05)

5月PMIはやや改善、不況水準は脱せず(06/05)

偽装解雇には助成金剥奪などの処分=人材相(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

当局が職場3カ所を閉鎖、コロナ対策違反で(06/05)

感染追跡アプリ義務化、中国からの渡航者に(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン