• 印刷する

現代自、シンガポールに新技術ラボ設立

韓国の完成車最大手・現代自動車は3月31日、シンガポールに次世代技術の開発・検証などを手掛ける研究施設「現代モビリティーグローバル革新センター(HMGICs)」を設立すると発表した。

同国西部のジュロン地区で今年5月に着工する。敷地面積は4万4,000平方メートル。2022年下半期の完成を目指す。

HMGICsでは、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)などの次世代技術を用いた製造プラットフォームを開発し、これを小規模の電気自動車(EV)試験生産ラインで検証する。

また、他の研究機関や自治体などと連携するオープンイノベーション方式を採用し、モビリティーに関するビジネス機会の発掘も行う計画という。

現代自は「製品の開発から生産、販売に至る全過程で革新技術を適用し、新たな市場と顧客の開拓につなげる狙いがある」と説明した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

製薬カルベ、6月にコロナワクチン臨床試験(05/29)

新型コロナ感染者、27人増の1万1468人(12:11)

日産が年内で韓国事業撤退、販売低迷受け(11:33)

コロナ対応で利下げ、過去最低の0.5%に(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

ECクーパンで集団感染、物流センター閉鎖(05/29)

新型コロナ感染者、79人増の1万1344人(05/29)

首都圏で感染拡大、6月まで防疫を再強化(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン