• 印刷する

テイクオフ:ニューデリーの一角で先…

ニューデリーの一角で先月中旬、イスラム教徒による宗教上の集会が開かれた。デリー政府が200人以上の集会を禁じるなか、1,000人以上が参加したという。集会の開催を知って駆け付けた警察官は、数百人に新型コロナウイルス感染症の症状が見られることを確認。病院に連れて行った。感染の疑いがあるこれらの人には、数百人以上が接触した可能性がある。

集会の参加者にはマレーシア人やインドネシア人がおり、マレーシアで2月末~3月頭に開催された会合に参加していたらしい。東南アジア各国では、この会合が感染ルートの一つになっていると報じられている

感染が疑われる全ての人を検査しないかぎり、新型コロナが拡大する危険性は残る。インドの当局は全土が封鎖されたいま、外で集まる人々を見つけては家に返すという骨の折れる仕事を全国各地で行っている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アフリカを襲った「サバ…(05/28)

消毒サービスに参入続々 日系も開始、トンネル型が人気(05/28)

オラが蘭電動二輪を買収、世界市場参入へ(05/28)

二輪ロイヤル、個別大量生産に注力(05/28)

電動二輪アザー、シェアサービス企業と提携(05/28)

シュコダ、SUV「カロック」を発売(05/28)

現代自動車、22日間で5600台を納車(05/28)

タタ自、社債発行で100億ルピー調達(05/28)

自動車業界向けの新規制、一部の導入を延期(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン