斗山重、再エネなど新事業で経営再建

韓国重電大手の斗山重工業は、ガスタービンや再生可能エネルギー、水素、三次元(3D)プリンティングといった成長事業を強化する。これにより、2023年には新事業の受注割合を全体の5割水準まで引き上げたい考えだ。 3月31日付毎日経済新聞によると、斗山重は政府系銀行から1…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

製薬カルベ、6月にコロナワクチン臨床試験(05/29)

新型コロナ感染者、27人増の1万1468人(12:11)

日産が年内で韓国事業撤退、販売低迷受け(11:33)

コロナ対応で利下げ、過去最低の0.5%に(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

ECクーパンで集団感染、物流センター閉鎖(05/29)

新型コロナ感染者、79人増の1万1344人(05/29)

首都圏で感染拡大、6月まで防疫を再強化(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン