中国のインフラ整備は停滞 シンクタンク、コロナの影響指摘

紛争防止を目的とする国際的シンクタンク「インターナショナル・クライシス・グループ(ICG)」は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、ミャンマーにおける中国主導のインフラ整備が停滞する可能性を指摘している。ミャンマー・タイムズ(電子版)が3月30日伝えた。 IC…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 運輸天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

市中感染10日連続ゼロ、累計206人=28日朝(11:43)

酒類の輸入規制を大幅緩和 税収増が目的、日本酒も対象(05/28)

貿易赤字が2.4倍に拡大、19年度5月まで(05/28)

縫製品の材料輸入5%減、コロナ禍で受注減(05/28)

7月21日から学校を順次再開、教育相が表明(05/28)

スー・チー氏、雇用創出の重要性を強調(05/28)

帰国者感染3人確認、累計206人=27日午前(05/28)

ヤンゴン発着高速バス、6月から運行再開(05/28)

国内旅行会社、事業再開に向け準備開始(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン