• 印刷する

テイクオフ:大学の卒業論文で、日本…

大学の卒業論文で、日本における韓流ブームを題材に「ソフトパワー」について書いた。韓国ドラマが日本社会に与えた影響を見ると、ソフトパワーがいかに強い影響力を持つかがわかる。

コメディアンの志村けんさんが、新型コロナウイルス感染症で帰らぬ人になった。バカ殿様や変なおじさんなどのネタで何度笑わせてもらったことか。感染確認の一報から回復を祈っていたが、残念でならない。

志村さんの訃報は、韓国でも注目を集めている。韓国で人気のアイドル・嵐の相葉雅紀さんと長く共演したこともあり、若者にも志村けんの名は知られていた。「本当にたくさんの笑顔をありがとう。遠くからご冥福をお祈りします」。ある嵐ファンは、SNSにこう投稿した。

志村さんの持つソフトパワーは、日本だけでなく海を越えた韓国にも大きな影響を与えていたようだ。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製薬カルベ、6月にコロナワクチン臨床試験(05/29)

新型コロナ感染者、27人増の1万1468人(12:11)

日産が年内で韓国事業撤退、販売低迷受け(11:33)

コロナ対応で利下げ、過去最低の0.5%に(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

ECクーパンで集団感染、物流センター閉鎖(05/29)

新型コロナ感染者、79人増の1万1344人(05/29)

首都圏で感染拡大、6月まで防疫を再強化(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン