• 印刷する

阪和興業、中国社との合弁で製鉄事業に出資

鉄鋼商社の阪和興業(大阪市中央区)は3月30日、インドネシア中スラウェシ州のインドネシア・モロワリ工業団地(IMIP)で操業する中国系の高炉一貫製鉄メーカー、デクシン・スチール・インドネシア(徳信鋼鉄)に出資したと発表した。

徳信に対して10%を出資し、事業に参画する。出資額は非公開。阪和興業の担当者は「製鉄所で生産された製品や半製品を販売していく。販売先はインドネシア国内が中心で、余力があれば東南アジア域内にも輸出する」と説明した。徳信はビレット(鉄鋼半製品)、丸棒、線材を製造し、阪和はこのうち最低100万トンを取り扱う。このほか、同製鉄所に合金鉄などの製鉄原料も供給する計画だ。

徳信の製鉄所は年産能力が350万トン。第1高炉は3月29日に稼働し、第2高炉も5月の稼働を予定している。今後500万トンへと生産を増強する計画。

徳信は、中国の鉄鋼メーカー徳龍控股の子会社、デロン・スチール・シンガポール・プロジェクツと、中国のステンレス製造大手、青山控股集団傘下の上海鼎信投資集団、IMIPの3社が出資する合弁会社。

青山控股集団はIMIPで、ニッケル銑鉄やステンレス精錬・圧延工場のほか、電気自動車向けリチウム電池の原料となるニッケルとコバルトの化合物を製造する事業に出資。阪和興業も出資している。

阪和興業が出資する徳信鋼鉄の製鉄所の外観(阪和興業提供)

阪和興業が出資する徳信鋼鉄の製鉄所の外観(阪和興業提供)


関連国・地域: 中国インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

社会制限4カ月で経済マイナス3.5%=世銀(20:49)

5月の卸売物価指数、前年同月比0.86%上昇(20:49)

パーム油の輸出徴収金、1日から引き上げ(20:49)

テイクオフ:アパートのベランダのド…(06/03)

国産防護服が国際規格取得 国内需要の次は輸出も視野(06/03)

5月のCPI2.19%、祭日期もコロナが影響(06/03)

MRTや通勤電車、乗車時の会話自粛を要請(06/03)

一部商業や飲食店の衛生手順、貿易相回状(06/03)

イー・エージェンシー、日系の資金調達支援(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン