• 印刷する

テイクオフ:10年以上前にシンガポ…

10年以上前にシンガポールに住んでいた日本在住の友人から、当時の写真を送ってもらった。今では有名観光地の一つであるマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)がまだ建設されていない頃のマーライオン公園の写真だ。

少し画質が粗い写真の背景には、MBSの代わりにクレーン車などが散見される。奥には林も見える。殺風景でどことなくマーライオンはさみしそうな雰囲気だ。

この写真から十数年、シンガポールは発展し、街はにぎやかになった。だが最近は、新型コロナウイルスの影響で観光客はほとんどいない。先日、仕事で同公園を訪れたが、人はまばらだった。普段のにぎわいを知っているからか、ぽつんと立つマーライオンは写真以上にさみしそうに見えた。

先行きは全くの不透明だ。世界中から来る観光客に囲まれたマーライオンの姿を、また見られる日はいつになるのだろう。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】デジタル化・現地化を促進 東南アジア日系企業の変革(上)(18:18)

小売売上高、閉鎖措置で過去最低の4割減(16:19)

4月起業件数、過去5年平均の7割止まり(16:37)

中小企業の賃料支援、対象は35%以上減収(17:03)

中小企業の資金繰り、政府支援で改善(17:07)

外国人入国者数が過去最低、4月は748人(15:27)

シンガポール航空、運航再開で感染予防強化(17:31)

カナダのメディコム、マスク工場設置へ(15:27)

建設3社が談合で罰金処分、動物園の入札で(15:27)

高級オフィス需要、テック企業がけん引か(18:08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン