周生生の既存店売上高、1~2月は4割超減

香港の宝飾品小売大手、周生生集団国際は26日、1~2月の香港・マカオと中国本土の既存店売上高が前年同期比でそれぞれ4割以上減少したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた営業の停止や営業時間が響いた。 周生生によると、香港・マカオが44%、本土が45%…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 医療・医薬品鉄鋼・金属小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出自粛ムードが少しず…(06/02)

4月の小売売上高、36.1%減 百貨店など改善も先行き厳しく(06/02)

米の優遇措置廃止、影響「限定的」が大勢(06/02)

金融市場の運営は秩序維持、財政長官(06/02)

中国による安全法制定に64%が反対、香港紙(06/02)

新たに3人の域内感染者、計1087人(06/02)

天安門事件追悼集会、警察が不許可に(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン