シンガマスの19年本決算、赤字に転落

香港に本拠を置くコンテナ製造世界大手の勝獅貨櫃企業(シンガマス・コンテナ・ホールディングス)がこのほど発表した2019年12月期連結本決算は、純損益が1億1,000万米ドル(約118億円)の赤字だった。前年の7,200万米ドルの黒字から転落した。米中貿易摩擦の激化に伴う貨物需要の…

関連国・地域: 中国香港韓国米国
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米が香港への優遇措置廃止へ、大統領発表(15:36)

新型コロナ3人の感染を確認、累計1082人(05/30)

香港への統制強化、米国務長官報告書が指摘(05/30)

米、香港の自治「維持困難」 国務長官、優遇の停止示唆(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

大聯大、香港など各地でスマート倉庫建設へ(05/29)

香港版安全法の制定案を可決、中国全人代(05/29)

政府、中国に「深く憂慮」=米と温度差(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン