• 印刷する

輸入症例の4割近く、中国人留学生が占める

中国外務省の羅照輝次官は26日、中国入国後に新型コロナウイルス感染症の感染が発覚する「輸入症例」が増加傾向にある中、同症例の90%が中国パスポートを持つ自国民だと明らかにした。このうち40%が留学生で、全体の36%を占める計算になる。

羅氏は同日の国務院(中央政府)による新型コロナ関連の定例会見で、全体の90%を占める自国民の輸入症例について、一部は感染を知りながら帰国していると指摘。「これは祖国を頼りにしていることの表れ」としながらも、「本人の病状を悪化させるばかりか、飛行機に同乗した他者の安全にも影響する」として自重を求めた。特に留学生については「家族ともよく検討して、正確な選択をしてほしい」と呼びかけている。

羅氏は、留学生の多くは1人で海外に渡り、年齢が低く、自身を守る能力が相対的に弱いと指摘。外務省として英国やフランス、イタリア、米国の在外公館、また当地の中国系企業と協力して、海外に残留する留学生に対し住居やビザのほか食事、買い物などで協力していると説明している。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港への統制強化、米国務長官報告書が指摘(05/30)

AD調査を半年延長、日米などの合成樹脂(05/29)

国際便の発着激減、中国出張者の利用が主流(05/29)

中国のコロナ対策90兆円規模 李首相、7割を消費刺激に(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

大聯大、香港など各地でスマート倉庫建設へ(05/29)

香港版安全法の制定案を可決、中国全人代(05/29)

全人代閉幕、民法典が成立(05/29)

双日車販社、吉利のSUV「アズカラ」投入(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン