政労使がコロナ対策協議、工場閉鎖も視野

ミャンマー労働・移民・人口省は25日、首都ネピドーで労使の代表者らと会合を開き、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を抑える方法について協議した。拡大防止策として工場の一時的な操業停止を視野に入れた協議が行われた。ミャンマー・タイムズ(電子版)などが伝えた。 テイ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

バングラからの帰国者1人感染確認、4日朝(16:15)

インフレ率が過去2年で最低 前月比では4カ月連続マイナス圏(06/04)

エネ省が一転、太陽光発電の入札期間延長へ(06/04)

帰国者の感染確認続く、累計233人=3日朝(06/04)

政府が内部通達、外国人の入国手続きで(06/04)

シュエダゴン・パゴダ、拝観停止を再延長(06/04)

工業団地法が成立、罰則の強化も(06/04)

ジャパン・エキスポ、今年はバーチャル開催(06/04)

ヤンゴン証取の取引高、5月は前月比33%増(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン