首都郊外ブカシ市も在宅勤務を呼び掛け

インドネシアの首都ジャカルタ郊外の西ジャワ州ブカシ市は23日、市内の企業に対し、事業所での活動を一時的に停止し、従業員に在宅勤務をさせるよう呼び掛けた。市長が同日付で回状『第560/2209号』を発出した。期間は31日までの9日間。 事業所での事業活動を完全に停止できない…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

社会制限4カ月で経済マイナス3.5%=世銀(20:49)

5月の卸売物価指数、前年同月比0.86%上昇(20:49)

パーム油の輸出徴収金、1日から引き上げ(20:49)

テイクオフ:アパートのベランダのド…(06/03)

国産防護服が国際規格取得 国内需要の次は輸出も視野(06/03)

5月のCPI2.19%、祭日期もコロナが影響(06/03)

MRTや通勤電車、乗車時の会話自粛を要請(06/03)

一部商業や飲食店の衛生手順、貿易相回状(06/03)

イー・エージェンシー、日系の資金調達支援(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン