フィッチ、比銀行の格付け見通し下げ

大手格付け会社のフィッチ・レーティングスは24日、フィリピンの銀行業界に対する格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から「ネガティブ(弱含み)」に下方修正した。新型コロナウイルスの世界的大流行によるリスクが増大していることが理由。25日付マニラタイムズなどが伝えた…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ご近所さんたちの会話が…(04/07)

日系企業、通常操業1%切る 昇給率も見直し、新型コロナ影響(04/07)

横井定、マスク200万枚増産を計画(04/07)

新型コロナ感染者3660人に、死者は163人(04/07)

仮設の大型隔離施設3カ所、週内に運用開始(04/07)

経済開発庁、「新常態」に備え政策立案へ(04/07)

中小零細企業の99%、新型コロナで打撃(04/07)

住宅・商業施設の賃料30日猶予、貿産省(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン