• 印刷する

テイクオフ:このところニュース報道…

このところニュース報道といえば新型コロナウイルスの話題一色だ。シンガポール政府は頻繁に感染対策を発表し、その都合、記者会見を開く。当初は平日だけだったが、感染予防には即座の対応が求められるとあって週末にも会見が行われるようになった。いつしか会場の座席の間隔が空けられるようになり、最近になって人との接触を避けるためウェブ会見に切り替わった。

刻一刻と変わる状況に対応する政府関係者は、日常生活のあらゆる場面で感染予防策の徹底に余念がない。会見の実施体制の見直しもその一環だろう。メディア対応も迅速で、政府関係者に発表内容に関する質問を送ると、週末にもかかわらず即答してくれた。

感染拡大で一番つらいのは患者だが、政府関係者や医療従事者など対応に奔走する多くの人も疲れがたまっていることだろう。社会全体が「疲弊」しないよう願うばかりだ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(06/05)

SGX上場企業、1~3月期の純利益4割減(06/05)

豪とNZ、7月に空路再開か 当初は首都間限定、難局も(06/05)

5月PMIはやや改善、不況水準は脱せず(06/05)

偽装解雇には助成金剥奪などの処分=人材相(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

当局が職場3カ所を閉鎖、コロナ対策違反で(06/05)

感染追跡アプリ義務化、中国からの渡航者に(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン