• 印刷する

テイクオフ:密閉空間、密集場所、間…

密閉空間、密集場所、間近で会話をする場面など、集団感染リスクが高まる状況を避けましょう――。あれ? これって香港のことではないのか。日本政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が示した提言を聞いた時の率直な感想だ。

会議ではこれら3条件が同時に重なった場面を回避するよう求めたが、では高層ビルが密集する香港の人々は皆海外に移住しなければならないのか。いや、実際は2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)を経験し、個々人の換気や衛生に対する意識は高い。政府も患者の居住場所や行動歴など詳細な情報の開示に努めている。

だがここに来て感染の第2波が起き、海外からの侵入例だけでなく、経路不明者が急増。政府高官も「戦争状態にある」と危機感を表明した。感染症拡大は社会的・文化的背景にも左右されるが、「退避」できない香港は、再び試練に直面している。(輝)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バーなどを2週間閉鎖、3日夕方から(12:46)

就職氷河期、大学生に試練 採用活動、延期・中止相次ぐ(04/03)

新型コロナ感染者37人確認、累計は802人に(04/03)

銀行への配当凍結要請、金融管理局が否定(04/03)

政府が基金で外食産業支援を約束、議員説明(04/03)

苦境の美容業界、政府に支援呼び掛け(04/03)

ドンキ、中環に出店か(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン