• 印刷する

テイクオフ:タイムマシンで過去に戻…

タイムマシンで過去に戻ったように、成功への道筋がハッキリ見えました――。少し前まで、中国でビジネスを立ち上げた人の話を聞くと、このような言葉が出てくることが多かった。発展途上国の経済・社会の変遷を先進国のそれから予測して、日本などで既に成功しているビジネスを持ち込めばいい、というロジックだ。

翻って新型コロナでは、中国は防疫対策の「先進国」と言える。中国のこれまでの取り組みは世界各地で大いに参考になるかと思うが、一方でコロナを「中国ウイルス」と呼ぶ大国首脳もいる。もう少しおおらかに、素直に「先進国」に学べばどうだろうか。

もっとも中国の取り組みは、都市封鎖や企業の長期間にわたる休業など大胆なものが多い。国内感染は減りつつあるが、海外からの輸入症例は増える中国。これから終息に向けてどのようにかじを取っていくのか、よい先例となるような施策を待ちたい。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

無症状感染者60人増、うち7人は海外から(12:45)

清明節の感染リスクを警戒 墓参り抑制、首都は「隔離」強調(04/03)

中古車と廃車の法規改定、消費促進へ商務省(04/03)

2月の中古車取引、前月比9割減(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

アフリカ豚熱の流行下火、今年は6件(04/03)

公共交通を電気自動車に、35年に全面導入(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン