新型コロナ対策法が成立 大統領に権限集中、非常事態宣言

フィリピンのドゥテルテ大統領は24日夜、新型コロナウイルス対策法に署名し、新法が成立した。これにより、国家非常事態を宣言。3カ月にわたって大統領に権限を集中し、感染拡大に歯止めをかけるための政策を迅速に実行する。国家予算の再編成などで総額3,000億ペソ(約6,550億円…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

食料品店は12時間営業を、大統領府(12:38)

テイクオフ:一斉に逃げ惑う市民で現…(04/02)

マニラ港に閉鎖の危機 コンテナ滞留、法的措置へ(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

新型コロナ感染者2311人に、死者は96人(04/02)

財務省、融資返済猶予に施行細則(04/02)

貿産省、スーパーの営業時間延長を提言(04/02)

外出制限の解除、慎重に検討を=WHO(04/02)

ニッケル業界、新型コロナで操業停止も(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン