【知識探訪】マレーシアの工業化を考える 穴沢眞(小樽商科大学商学部教授)

1957年の独立以降のマレーシアの経済発展をけん引してきた産業が製造業であったことに異論はないであろう。その製造業の国内総生産(GDP)シェアが2000年頃をピークに急速に低下している。独立直後の1960年の製造業のGDPシェアはわずか8.7%であったが、80年には19.2%、90年…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

シティの4カ国リテール買収 UOB銀行、4千億円超で合意(14:31)

日系昇給率、22年は3.7% 「実施」58%に上昇=NNA調査(01/14)

14日間海外滞在なしで入境申請免除、サラワク(01/14)

新規感染3684人、279.9万人(01/14)

RM1=27.4円、$1=RM4.17(13日)(01/14)

ホンダ、「シビック」の新モデル発表(01/14)

車シート用皮革のペッカ、ス州に第2工場(01/14)

Vソーラー、LRT車両部品の供給受注(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン