動画配信の斗魚、19年本決算は黒字転換

インターネットサービスの騰訊(テンセント)の傘下企業で、中国のライブストリーミングプラットフォーム「斗魚」を運営する武漢斗魚網絡科技(湖北省武漢市)は19日、2019年12月期本決算は、純利益が米国会計基準(GAAS)ベースで3,330万元(約5億2,000万円)だったと発表し…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ禍、再エネ開発に試練 消費減と油価下落で構造改革論も(06/03)

テイクオフ:子どものころは夏になる…(06/03)

米の優遇廃止「二重基準」と批判、行政長官(06/03)

海南自由貿易港、計画発表 関税免除、法人税も15%に(06/03)

華為が安価な5Gスマホ、米制裁で独自サービス(06/03)

林鄭氏、3日に北京訪問=国家安全法巡り(06/03)

農民工の職業訓練、2年間で大規模に実施(06/03)

集合制限令と入境制限を延長、香港政府(06/03)

中国人研究者らの入国制限、米長官(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン