【BOPビジネス解剖】農村部で電力を「共有」へ 起業家の挑戦(上)IoT活用で

電力の供給網が整備しにくいカンボジアの農村部で、モノのインターネット(IoT)を活用したスマートグリッド(次世代送電網)の普及を目指すスタートアップ企業がある。オーストラリア出身の青年が起業したオクラ・ソーラーだ。独自に開発した太陽光発電の供給管理システムを通…

関連国・地域: カンボジアオーストラリア日本
関連業種: IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

クラスター拡大、封鎖前の準備必要(02/25)

所得税の確定申告、来月から電子化へ(02/25)

シアヌークビルで住宅開発、1億米ドル規模(02/25)

日本和装、地域統括拠点を設立(02/25)

首相「これまでで最悪」、クラスター発生で(02/24)

米ウィンダム進出、シアヌークビルにホテル(02/24)

対中輸出、20年は8%増の11億米ドル(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン