• 印刷する

外国人の入国拒否は126人、6玄関口で

インドネシア法務・人権省出入国管理局は12日、2月6日から3月10日までに合計126人の外国人に対し、入国を拒否したと明らかにした。バリ州デンパサールのングラライ空港、首都ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ空港など主要6玄関口の合計人数を算出した。

バリ島で入国を拒否された人が89人と最も多く、ジャカルタの22人が続いた。国籍別では中国人が16人で最も多かった。日本人は1人がスカルノ・ハッタ空港で入国を拒否された。

■指定病院132カ所を制定

保健省は、新興感染症の患者を受け入れる指定病院132カ所を定めた保健相通達『2020年第HK.01.07号』を10日付で公布した。鳥インフルエンザ(H5N1型)が発生した際、指定病院を定めた同相通達『07年第414号』は無効とした。

同省によると、東ジャカルタのプルサハバタン病院に入院していた39歳男性、50歳男性、49歳男性の3人が、同日までに退院を認められた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナで4人目の死者、インドネシア人(11:42)

テイクオフ:こんな時だから飲みに行…(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

2日から外国人の入国禁止 滞在許可所持者などは対象外(04/02)

地方政府が人の活動の制限可能に、大統領(04/02)

産業省、医療用防護具の生産を大幅に増強へ(04/02)

車メーカーの人工呼吸器生産、開始まで時間(04/02)

首都3駅始発の国鉄遠距離列車、44本を運休(04/02)

北スマトラのコンテナ港、初の国際貨物出荷(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン