【この人に聞く】逆風の商用車市場にも活路 トピー工業、強み生かし製品展開

インドネシアでは、悪路が多い道路事情もあって商用車はチューブタイヤが主流。ホイールも厚みがあり頑丈なリング付きタイヤが圧倒的シェアを誇る。しかし頑丈な分、ホイールが重くなり、車体や道路へのダメージが問題となっている。自動車部品・建設機械部品メーカーのトピー工業…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本ではもうすぐお盆。…(08/05)

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

テイクオフ:コロナ禍でこれまでの習…(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

日用品各社、上期は業績悪化 PSBBで需要減、輸出も不振(08/05)

ダイハツ、8月の生産台数は前月の4倍へ(08/05)

ナンバー規制、交通量・電車乗客に変動なし(08/05)

バタン工業団地の10年無償化も検討、産業相(08/05)

プルタミナ、マハカム鉱区に3基の掘削装置(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン